<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『ル・ボントン』11月のランチメニュー

『ル・ボントン』さん、11月のランチメニューです。

まずは、前菜です。
d0123682_0212616.jpgd0123682_0215362.jpg















左は、グリーンアスパラガスのムース、右はエビのサラダです。 エビのサラダのトマトがスゴク甘かった!
両方とも、サッパリしていて美味しい! キレイな盛り付けで目にもオイシカッタです。


d0123682_0334735.jpg



メインは2人ともポークをチョイスしました。
お野菜がタップリで、それぞれに仕事がしてあって、このお値段では申し訳ない位、手をかけてありました。


d0123682_0364653.jpg



デザートは、リンゴのタルトです。
問題なく美味しいです。 アイスクリームがオイシカッタ。

この他に、パンとコーヒーが付いて、十分、満足なランチでした。  ご馳走様。
[PR]
by cake_studio | 2009-11-27 00:41 | 料理

トライフル

高等科、11月のメニューは 『トライフル』、イギリスのお菓子です。 

クリスマス用なので、ロールにして、ブッシュドノエルにしました。


d0123682_13265914.jpg



これは基本形です。 形態、デコレート、その他、自由なので、お好みで作り上げてもらいました。


d0123682_1340407.jpgd0123682_13411524.jpg



















d0123682_13424595.jpgd0123682_13455223.jpg















「ラブリー!」 という声が出ましたが、本当にラブリー!ですね~♪


d0123682_13584516.jpg



ロール生地は、スフレタイプでフワフワです。 
クリームは、バニラビーンズ入りのカスタードと38%乳脂肪の軽い生クリームです。
果物は、季節の果物を、彩を考えて使います。 洋梨とキーウイ、イチゴもカットが大きすぎたのか? 少し、空気が入ってしまっていますが、口が合わない位の フルーツタップリです。

バナナが入らないので、キハチさんのトライフルロールよりも、やさしいイメージに出来ました。
[PR]
by cake_studio | 2009-11-25 14:10 | ケーキ教室

チキンのポーピエット・シュープレームソース

フランスっぽいお料理が作りたくなって、久しぶりに本を見ながらお料理しました。

「チキンのポーピエット・シュープレームソース」です。
日本語で言うと、「鶏肉で細く詰め物を巻いた物。素晴らしいソース添え」 でしょうか?
名前だけでも満足しそう。

d0123682_20474723.jpg



①まず、野菜のファルスを作ります。
 細切りにした、にんじん、タマネギ、レタス、きのこをバター、ブイヨン、生クリーム、塩コショーで炒め、冷めたら卵黄であえておきます。
②とりムネ肉を薄くたたき伸ばし、塩コショー。ファルスを中心にして巻いていきます。 ガーゼでしっかり巻いて固定させます。
③ブイヨンにタイム、ローリエを入れて、塩コショー。70度~75度を保たせながら、25分茹でます。

④シュープレームソースを作ります。
 煮た残りのブイヨンに、生クリーム、バター、塩コショーで味を調え、コーンスターチで濃度をつけます。
 1/4量にカレーパウダーで色を付けてデコレートします。


結構、時間はかかりました。 けど、キレイだし、美味しかったです。

もう1品は、大好きな、「オニオングラタンスープ」です。

d0123682_21115332.jpg



生のタマネギをカットして、そのまま冷凍して、凍ったまま強火で炒めて作ります。
こうすると、とっても速く出来上がって、しかも、あめ色タマネギは冷凍できます。

この作り方は、テレビで見たのですが、スゴク便利。 お手軽に作れました。
[PR]
by cake_studio | 2009-11-23 21:19 | 料理

ミルキーロールと生ミルキー

東京駅大丸に入ってすぐ、赤い背景に、懐かしいペコちゃんが目に入りました。
ミルキーロールと生ミルキーです。

どちらも、お味が想像できるので、買おうか止めようか、悩んだのですが、久しぶりに甘~いミルキーさが食べたくなって、並んで買いました。


d0123682_1754721.jpg



ミルキーロールは、真っ白!生地はしっとりしていて、クリームは甘くなく、問題ないロールケーキですが、甘さを期待して買ったので、拍子抜けしてしまいました。
生ミルキーも、さほど甘くなくて、歯にも付かず、口解けの良い、今どきのミルキーでした。


d0123682_185832.jpg



今まで、甘さを期待して お菓子を買ったことは無くて、作る時も 甘さを抑えることしか考えていなかったのですが、適正な甘さは必要なのだと考える、今日この頃です。
[PR]
by cake_studio | 2009-11-22 18:15 | ケーキ屋さん

MIHO美術館

少し、風邪気味だったのですが、滋賀県、信楽にある、『MIHO美術館』に行って来ました。



d0123682_18523763.jpgd0123682_18562740.jpg
















「若冲ワンダーランド」展を見に行ったのです。

紅葉がキレイだったのですが、美術館が素晴らしく立派なのに、ビックリしてしまいました。
宗教団体が経営している美術館だそうで、入り口から電気自動車で行くのですが、民間が作ったとは思えないゆとり!
清潔で、広々としていました。

若冲が描いた、象と鯨の屏風が一番の見ものでした。
これも、ここの美術館の所有だそうで、宗教の力に驚かされました。

美術館のカフェのケーキが、あまりにも可愛くて、つい、写メしました。

d0123682_1984255.jpg



これが、とっても美味しかったのです。
象は、クレープで、カスタードクリームと生クリームが中に入っています。 顔のクッキーも質の良いお味でした。
鯨は、クレームダンジュで、多分、カシス味でした。

美術館は、食べ物のハズレがあまり無くて、これも楽しみのひとつですね。
[PR]
by cake_studio | 2009-11-18 19:17

『ピエール・エルメ』 お土産

『ピエール・エルメ』では、マカロンとパート・ド・フリュイ、チョコレートを買いました。

d0123682_2234851.jpgd0123682_22342819.jpg















ベージュのマカロンは、ナッツとバタークリーム。 王道の美味しさです。 
一番目立つ、赤と緑のマカロンは、カシスとピスタチオです。 ピスタチオクリームにカシスジュレが入っています。 
紫と白のは、スミレです。 スミレの砂糖漬けが挟まっています。
茶色はチョコレート。 とっても濃厚でした。

どれも完成されたおいしさ! 一つで十分満足できます。

パート・ド・フリュイは、グリオットという、酸味の強いさくらんぼとピスタチオです。
ピスタチオの存在感があまり無くて、グリオットの主張がすごく、どこかで食べている味だわ~、と、思い出したのが、梅のどアメでした。 

エルメさん、ゴメンナサイ! でも、そっくりでした。 次回は、他のを食べてみます。




d0123682_2253691.jpg

[PR]
by cake_studio | 2009-11-13 22:56 | ケーキ屋さん

青山・表参道

『ピエール・エルメ』 のカフェとショップは、洗練されていて、オシャレなのですが、落ち着く空間です。


d0123682_9424965.jpgd0123682_9431146.jpg















右の写真は、チョコレートを裏から撮りました。
もっと、カフェの中とか 撮れば良かったわ。

d0123682_945548.jpg


久しぶりの青山は、雨にぬれてとってもキレイ!

d0123682_9471922.jpgd0123682_9473490.jpg















新しい街ではないのですが、気取ってなくてオシャレ。
表参道まで歩きました。

ず~っと前は、美容院もこの辺だったな~・・・  と、若い私がよみがえります。
ふと見ると、『メゾン・ド・ショコラ』。 
「エクレアはありますか?」と、思わず入ってしまえる気軽さがありました。
エクレアは、やっぱり日本には輸入されていませんでしたが、なんか、東京はイイナ~! と、しみじみ思いました。
[PR]
by cake_studio | 2009-11-13 10:04 | ケーキ屋さん

『ピエール・エルメ』

ついに行ってきました。  『ピエール・エルメ』 青山店。


d0123682_233750100.jpgd0123682_2338338.jpg














ず~っと、行きたいと思っていたのです。

多少、並んでいても入ろう! と、相方を説得して、勇んで行ったのですが、
お昼直後で、お天気が悪かったせいか、空いていて、すっきり入れました。

相方は、ショコラショーとハーブティ、私は、シャンパンとモンブランを注文しました。

チョコレートムースの上に乗っているのは、フランボワーズ、バナナ、キャラメルです。
下のムースもそれぞれに合わせて変えてありました。
ショコラショーが小さいのではなくて、ハーブティーの器がスープの器位大きいのです。

モンブランもオイシカッタです。 
メレンゲと生クリーム、バラのコンポートが中に入っているのですが、野ばらが主張しすぎず、栗が生きていました。
シャンパンは、(オイシイとの基礎知識があったので)思ったよりもサッパリしていて、飲みやすかったです。


d0123682_23435049.jpgd0123682_2344750.jpg
[PR]
by cake_studio | 2009-11-09 23:54 | ケーキ屋さん