<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヴァイセショコラーデントルテ

中等科の10月メニュー、『ヴァイセショコラーデントルテ』 ドイツのケーキです。
まぁ、スポンジ生地に、ホワイトチョコレートをはさんだケーキです。

d0123682_2142281.jpg


これは、教室での試食のケーキ、原型です。

お友達同士で来てくださっている生徒さんが、「なんか、アフロヘアーに見えるー。」と、話していたのは知っていたのですが、そのうちに、
「良いこと思いついちゃった!」と。

ふと見ると、こんなに カワイイ事になっていました。

d0123682_2159316.jpgd0123682_2159154.jpg















なんて 素晴らしい発想なんでしょう!
こうやって 楽しむ事こそが、本当の手作りの良いところです。

作り上げたケーキに、命が宿った気がしました。
本当にアリガトウ!!
[PR]
by cake_studio | 2009-10-25 22:08 | ケーキ教室

松茸アイス

近所の日本料理屋さんで、ランチに松茸のコースを食べました。
天ぷら、すき焼き、土瓶蒸しと、すべてに松茸入り。 これは、家ではできません。

最後に、松茸のアイスクリームが出てきました。

d0123682_14392419.jpg


「何のアイスクリームかしら?」
と、言いながら、すぐにわかりました。 ず~っと、松茸が出てきたのですものね。

これが、美味しかったのです。 香りもあって、コースの中で一番良かったかな?

ランチの松茸なので、モチロン国産ではないです。 傘も開き気味だったし、香りも控えめでした。 友達と協議して、アメリカ産ではないか?ということになりました。
でも、マツタケ! 十分満足しました。

卵黄、砂糖、生クリームは控えめにして、バニラは入れず、マツタケを刻んで入れればできると思います。
やってみてください。
 
[PR]
by cake_studio | 2009-10-21 14:58 | お菓子

『COVA』

名古屋ミッドランドにランチに行って、『COVA』のことを思い出して、行ってみました。
2Fの『クロエ』の前、少し奥まった所に、ありました。 こんな所にカフェがあったのですね。 

この一画だけ、突然、ヨーロッパの都会に居るような、オシャレな空間です。

気になっていた、四角いチョコレートケーキを早速、注文しました。


d0123682_21413349.jpg

d0123682_2139352.jpg














思っていたよりも甘くなくて、でも、濃厚。 大好きなタイプでした。

「サケル」という名前です。
周囲についているツブツブが、全く甘みが無くてチョコレートというより、コーヒー豆のような不思議な物体。 でも、どこかで食べたことがあります。

聞いてみたら、カカオマスでした。 カカオマスがそのままこうやって使えるのですね。
目からウロコでした。

コーヒーも美味しくて、ミッドランドに一つ、楽しみが増えました。
[PR]
by cake_studio | 2009-10-04 21:54 | ケーキ屋さん

『アルポルト』

タカシマヤに、「ウィーン世紀末展」と、「イタリア展」を見に行きました。

「イタリア展」は、活気があって、とってもにぎやか。
チーズ、ワイン、生ハム、ピザ、パン、革製品、アクセサリー、食器、等等。 ジェラードには行列ができていました。

お昼時だったので、ここで何か食べよう、と見ると、イートインに、『アルポルト』がありました。
店の前のイスに座って順番を待っていると、何と!見覚えのある、片岡 護シェフが中から出て来られたのです。

d0123682_2314067.jpg


片岡シェフの料理教室とお菓子教室には出席したことがあるのです。
本も3,4冊持っています。
ずいぶん前に買った本ですが、とっても作りやすい、親切な本で、結構活躍しています。

片岡シェフもヒマそうだったので、「先生のサイン入りの本を持っているんですよ~。」と、話しかけて、世間話。 席が空いたので、握手をしてもらい、席に着きました。

d0123682_23133979.jpgd0123682_23141691.jpg
d0123682_2325446.jpg


「なすとリコッタチーズ」、「ズワイガニ」、「海鮮」を注文。
(本当の名前は忘れてしまいました。モチロン3人で頂きました。)
普通のパスタに見えますが、とってもオイシイ! 何でしょう! 家のパスタと何が違うのでしょう?

ワインも美味しくて、きっと、材料の一つ一つが素性の良い物で、手を抜かずにきちんと作られているのでしょう。
簡単そうで、これがなかなか、家では出来ないのです。

帰るときもシェフはいらっしゃって、あんなに有名な先生が、デパートに気軽に長時間いらっしゃるのね~。 と、ビックリしました。
後でパンフレットを見ると、片岡シェフがデパートに居るのはあの日だけ、「イタリア展」の目玉の一つでした。 ラッキーだったかも。

帰り道に 『COVA』というチョコレートに足が止まり、少し買いました。

d0123682_2347861.jpg


名古屋ミッドランドにお店があるそうです。
[PR]
by cake_studio | 2009-10-02 23:54 | 料理

イチジクのタルト

パソコンが、なぜか、重くなってしまって、すっかりブログもご無沙汰でした。
5年も使っているパソコンなので、もう、替え時かな? この頃、やっと慣れてきたのに。

少し前になりますが、イチジク好きのお嬢さんのリクエストで、いちじくのタルトを作りました。

d0123682_0265243.jpg


タルトには、アーモンドクリームを詰めて、乾燥イチジクも入れて焼きました。
その上に、ヘーゼルナッツとキャラメルのクリームを山盛りにしてから、生クリームでコーティング、そして、生のイチジクを半分にカットしたものをタップリ、飾りました。
イチジクをシッカリ、楽しめます。

d0123682_9472494.jpgd0123682_947394.jpg














タルトになる前の、イチジクです。
ドライの 白イチジクはトルコ産、黒イチジクはアメリカ産です。 オレンジ色のはパパイヤで、これが美味しかった!
食感も香りも、甘さを抑えたパート・ド・フリュイ (果汁を煮詰めたお菓子) のようで、コーヒーにも紅茶にも合って、タルトを作りながら、一人でシッカリいただきました。 
生のパパイヤより好きかな?
右の生のイチジクは、地元 愛知産です。 
こんな風に白イチジクがもう、普通に売っているのですね。 白い方が甘みが強かったです。

今回は、イチジクとヘーゼルナッツ・キャラメルのコラボだったのですが、ドライとフレッシュのイチジクのコラボでもありました。
深く考えると、トルコ、アメリカ、愛知のイチジクのコラボでもあります。

果物は、奥が深いです。
品種あり、産地あり、季節あり、素性あり。 すべて使いみちが違います。

食事の時のワインのように、それぞれの特長をつかんで、ケーキを作れたら楽しいでしょうね!!
[PR]
by cake_studio | 2009-10-02 00:37 | ケーキ教室