<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『レ・ミニャルディーズ』

日経新聞の、マカロンのランキングに載っていた、『レ・ミニャルディーズ』のマカロンです。 東京駅の大丸で買いました。

d0123682_23162217.jpgd0123682_23392821.jpg















ミニャルディーズとは、小さなお菓子たち という意味で、食後に飲み物と出てくるお菓子のことだそうです。 

フランス料理の、成沢由浩シェフが展開するお店です。
無添加で、自然の色を生かした淡い色はとってもキレイ。 でも、特長は、何といっても、その小ささ、21ミリだそうです。

d0123682_23363667.jpg


お店で初めて見たときは、あまりの小ささに、一瞬、買うのを止めようかと悩んだ位です。  全部、私が食べよう!と、決心して買いました。

買って良かったです。 小さくても シッカリ主張があります。 クリームも、割合的には、たくさん入っているので、結構、満足します。

お腹がすいて食べるのには向きませんが、食後にコーヒーと軽く楽しむには、これ位で良いんですね。

d0123682_23585354.jpg


友人に、ついつい、出してしまいました。
[PR]
by cake_studio | 2009-06-08 00:05 | ケーキ屋さん

スナックパインとロールケーキ

うれしいいただき物が2つ、ありました。

1つは、スナックパインです。 去年、同じ方からいただいたのも今頃だったでしょうか。
石垣島にお友達がいらっしゃって、送ってくださるそうです。

d0123682_21453875.jpgd0123682_21455218.jpg
















  熟すのを待っていて、さわって少し柔らかく、香りも強くなってきたので、切りました。

食べごろでした。 とっても甘かったです。
芯も甘く、シャキシャキしていて、本当に、実よりも芯のほうが美味しいのです。
スナックパインならでは、でした。

もう1つは、お教室のNさんが、家で作ったロールケーキをもってきてくださったのです。

d0123682_21591232.jpg


スフレタイプの生地に、ホワイトチョコクリームで、生地はしっとり、ふわふわで、スゴク美味しかったです!

スフレ生地は、高等科で、ホワイトチョコクリームは、中等科で、これから彼女に教えるのですが、こんなに上手に作れてしまう生徒さんに、私は何かを教えられるのでしょうか?

まァ、作り方は人それぞれですから、何かはプラスになるでしょう。 でも、アドバイスとかあったら、是非、教えてね。

二人とも、ご馳走様でした。

ロールケーキ、携帯で撮ったので、少しピンボケですね。 ゴメンナサイ。
[PR]
by cake_studio | 2009-06-06 22:18 | フルーツ

『マルメゾン』

東京 成城学園にある、『マルメゾン』のケーキを、妹が買ってきてくれました。

d0123682_17295173.jpgd0123682_17302057.jpg















たしか、開店当初からある、お店の名前と同じ、「マルメゾン」というケーキです。

チョコレートとオレンジの香りがして、見かけより 甘さもアッサリしています。
「1つだけだけど、2日前に買ったので、早く食べて。」
と、言われていたので、食後のお腹がいっぱいの時に食べたのですが、ペロッといけました。  コワイ!コワイ!

白いスプーンに見えるのは、ホワイトチョコレートです。
こんなところにも「マルメゾン」 の心意気が見えて、見かけもオシャレで、さすが、お店の名前を背負った、自信作です。

焼き菓子も持ってきてくれました。

d0123682_1750135.jpg


ガレットブルトンヌのチョコレート・プルーン、そば粉のダコワーズです。
ガレットブルトンヌも、いつかは研究したいので、参考になりました。

ありがとう!  ごちそうさま。
[PR]
by cake_studio | 2009-06-06 17:56 | ケーキ屋さん

『トシ・ヨロイズカ』

ついに、行ってきました。  『Toshi ・Yoroizuka』
開店以来、ずーっと、気にはなっていたのです。

d0123682_1634135.jpgd0123682_16343052.jpg















以外に、カンタンに入れました。

並んで待つのではなくて、時間を予約できるのです。
12時半に行って、一番早い、2時10分に予約しました。  平日だったからかな?

時間を確保できれば、もう、『ミッドランド』内をウロウロしていればいいのです。
かるく、日本そばを食べていたら、すぐに時間が来てしまいました。

d0123682_16455116.jpg


店内は、細長く、カウンター席のみです。 15~6席でしょうか。

悩んだ末に、私は、「ビスキュイ・クーラント・ショコラ・フランボワーズ」、をチョイスしました。
名前の通り、フランボワーズの香りのチョコレートソースが中から出てきます。
モチロン、甘すぎず、薫り高く、バランスも良く、最高に美味しかったです。


d0123682_1722346.jpgd0123682_1724516.jpg















相方は、「デザート・ムッシュ・キタノ」。 あの、「北野たけし」さんをイメージしたケーキです。

d0123682_17131596.jpgd0123682_17135347.jpg















ピンクペッパーと、チョコレート、ナッツ、中国茶のアイスクリームの組み合わせが新鮮でオシャレ、素晴らしかったです。

とっても満足したのですが、制限時間の3時10分までに、まだ、20分あるので・・・

d0123682_17254495.jpgd0123682_1726570.jpg















私は「ピュィ・ダムール」。  教室の研究科、2009年初夏のメニューです。
クリームはシブーストクリームではなくて、カスタードでした。  パイ地がスゴク美味しかったです。

d0123682_17325425.jpgd0123682_1733118.jpg















相方は、「2種のチーズケーキ」。  
下がベークドチーズ、上がレアーチーズ、なのですが、ベークドにはエダムチーズのような味が、レアーにはフロマージュブランのような味がしました。
どちらも、クリームチーズのもたつきが無くて、キレが良く、これは、目からウロコでした。

ア~! 勉強になったわ~!

初めは、写真は恥ずかしいから撮らなくても良い。と思っていたのですが、皆が撮っているのでシッカリ撮れたし。

もう、さすが、お腹も限度だし。  と、ショーケースを見ると、シュークリームが目に入ってしまいました。
ダコワーズも先月、中等科でやったのよね~。

「私は、もう、全然、付き合えないわよ。」 と、相方に言われながらも、少し、買いました。

d0123682_18111263.jpgd0123682_18112851.jpg















お店を出て、振り返ると、明らかに他の人とは違う、白くて高い帽子をかぶった、オーラのあるイケメンがいました。
鎧塚さんです。
にこやかで優しげな、落ち着いた品の良い人でした。
以前、チュートリアルの徳井さんを見かけたことがあって、ハンサムで雰囲気の良い人だな~、と、感心しましたが、同じ系統です。

徳井さんの方が1番かな?
[PR]
by cake_studio | 2009-06-03 17:57 | ケーキ屋さん