<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『ル・ボントン』 1月のランチ

いつも、カメラを持っていくのを忘れて、やっと、ご紹介することができます。
お友達と二人で行ったので、2種類 撮りました。

まず、私は『オニオングラタンスープ』、友達は『きのこのキッシュ』をチョイス。

d0123682_23145170.jpgd0123682_23151489.jpg














『オニオングラタンスープ』は、タマネギの甘さが良く出ていて、濃厚、だけどスッキリ 美味しかったです。

メインは、私はブタのロース肉のを、友達はお魚で、鯛でした。
名前を覚えていなくて、ゴメンナサイ。

d0123682_232142100.jpgd0123682_23215591.jpg














左の、ブタロースは、ポテトとお野菜で煮てあって、ポテト味のソースでした。
私にとっては、ボリュームがあると思ったのですが、サラッと食べきれました。
鯛は、確か、サフランのクリームソースだったと思います。
ひと口、食べさせてもらったのですが、こちらのほうが濃厚でした。

そして、パンです。
d0123682_23364554.jpg


フランスパンとこの丸いパンが出るのですが、フランスパンは食べてしまったのです。
この丸いパンが奥様の手作りです。 美味しいですよ。

デザートは、『ブリュレ』でした。

d0123682_2340891.jpgd0123682_23402432.jpg














『ブリュレ』は、カスタードのような食感で、普通のブリュレのような、マッタリというよりは、ケーキっぽい感じです。
上のカラメルもちゃんとカリカリで、美味しかったです。

この、コーヒーもグッドです。 
前菜orスープ、メイン、パン、デザート、飲み物のセットで 1575円です。
メチャメチャお値打ちですよね。

『ル・ボントン』さん、ご馳走様でした。 また、行くわね。
[PR]
by cake_studio | 2009-01-26 23:55 | 料理

肉まん

肉まんを頂きました。
友達のご主人が神戸からおみやげに買ってきてくれた、そのおすそ分けです。

美味しかったです。 
中国の、あのギョウザ事件以来、なんだか、こういう系統は買わなくなってしまって、肉まん自体、すごく久しぶりでした。

d0123682_21535736.jpgd0123682_2154987.jpg














『一貫楼』 という所の、肉まんです。

皮にはブタの脂が練りこんであるそうで、ツヤツヤと光っています。

元々、ブタの角煮、脂の多いベーコン、ハムの白い部分、テール、タン、等が大好きな私には、たまらない話です。
でも、不思議なことに、生肉の三枚肉には馴染みがなくて、長い主婦暦の中で、ほんの数年前に初めて買い始めたのです。
そして、その美味しさに、それからしばらくは怒涛のように買って、一人でも食べていました。
塩・コショーだけでも、結構イケます。

このツヤツヤの皮だけでも、もう、完全に美味しそう!

中身は、やわらかい、アッサリ優しいお味でしたので、一気に食べれました。

d0123682_22184340.jpg



『一貫楼』は、JR神戸の駅とか、三ノ宮とか、関空とか、結構あちこちにあるそうで、行く予定は全然無いのですが、今度行ったら、絶対に買おうと思いました。
[PR]
by cake_studio | 2009-01-18 22:28

和素材のお菓子 2

もう、去年の事になってしまいましたが、東京駅の大丸でロールケーキを2つ買いました。
両方とも、和素材でした。

d0123682_22133168.jpgd0123682_22134919.jpg














左は、あの、辻口シェフによる、「和楽紅屋」さんの『七尾鳥居醤油ロール』です。
シェフの故郷、石川県七尾市にある、「鳥居醤油店」の2年熟成の濃い醤油を使ったロールケーキです。
カラメルのような、でもカラメルではない、みたらし団子のような、お醤油の味がちゃんとしました。
クリームも、生地もきちんとお醤油を引き立てていました。
不思議な美味しさでした。

右は、「キハチ」さんの、期間限定、『ゆずロール』です。
こちらも、軽く、アッサリしているのだけど、ゆずの香りがしっかり主張している、主役のハッキリしたケーキでした。
1/4は一気に食べてしまいました。美味しかったです。

「キハチ」さんのケーキは、以前に習っていたせいか、親近感があって、つい買いたくなります。
日本人の味覚と、日本の風土に合った、奇をてらわない、食べやすい、やさしいケーキですよね。 安心して食べられます。

バリバリのフランス菓子も魅力的ですが、構えないで食べられる、こういうお菓子も良いですね。
これからも和のケーキはどんどん進化してゆくのでしょうね。

楽しみです!
[PR]
by cake_studio | 2009-01-12 22:57 | お菓子

和素材のお菓子

生徒さんからお菓子を頂きました。

d0123682_22335422.jpgd0123682_22341626.jpg














左のクッキーは『コヤマススム』さんの黒ゴマのクッキーです。 神戸まで買いに行かれたそうです。 元気があります。
中央にお味噌が少し乗せてあるのです。
多分、八丁味噌ですが、これが結構、効いていて、味のポイントになっています。
へェ~、お味噌ね~。と、ついつい、3~4個は食べてしまいました。
さすが、名前の通った人のお菓子には工夫があります。

右のお菓子は「栗おこげ」というお菓子です。
「お菓子祭り」で買ったそうです。
蒸してかき出した栗とお砂糖、白餡などで作る、「栗きんとん」というお菓子があるのですが、その「栗きんとん」を作った鍋にこびりついた物をはがした副産物が、コレです。
逆に、「栗きんとん」より、希少価値があります。
パリパリとして美味しく、ほのかに栗の香りと味がします。
こういうお菓子の存在も知りませんでした。

貴重なお菓子を頂いて、本当にうれしいです。 Fさん、Nさん、ありがとうございました。
[PR]
by cake_studio | 2009-01-11 23:16 | お菓子