<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プレゼント

毎日、毎日、暑いですね。
この暑さの中、ず~っと風邪をひいていて、熱が38,5℃あるときは、寝たり、起きたりしていました。
こんな事は、本当にめずらしいです。

そんな中、注文されていたケーキを作ったり、ランチに出かけたり、私の誕生日があったりして、頂き物が3つありました。

1つ目は卵です。
d0123682_22381181.jpg


『アローカナ』という南米産のニワトリの卵だそうです。
写真でわかるでしょうか?卵はうすく青みかかっているのです。
右の方は、いつも使っている、普通の色の「セイアグリー健康卵」です。
少し小さくて、中身は普通の卵と同じ色です。
タマゴご飯で食べたのですが、お味は、セイアグリーに慣れているせいか、そう変わりませんでした。けど、色のせいでしょうか、キレイな味がした気がしました。


2つ目は『パスカルカフェ』のチョコレートです。

d0123682_2344487.jpgd0123682_2345886.jpg













これはスゴク美味しかった!
チョコレートでオイシイのは、たいてい強い美味しさなのに、パスカルカフェさんのは、繊細でやさしく、組み合わせとバランスが絶妙に計算されていて、でも、ちゃんとそれぞれの味の主張もあるのです。
すっかりファンになってしまいました。

日本橋高島屋のカフェでは、シャンパンでチョコレートが食べられるようなので、もう、必ずいきます。
本店は、パリから少し離れたトロワという所にあるので、機会があれば、トロワの空気の中でも食べてみたいです。
またまた、目標が増えてしまいました。



3つ目は、キムチです。

d0123682_2324579.jpg


大阪でたくさんの種類を買ってきた友人が、おすそ分けしてくださったのです。

家の小さい器にちょうど1袋が全部入って、2,3日で食べ切れてしまいます。1つずつがちょうど良い量なのです。
キムチはどんどん味が変わってしまいます。
すっぱいキムチが苦手なのに、イロイロな種類を食べたい私には、この量は本当にありがたかったです。
全ての味を、ゆっくり楽しめました。

プレゼントはこうありたいですね。
その方の、やさしい気持ちを頂いた気がしました。

皆さま、ごちそうさまでした。
そして、ありがとうございます。  私は幸せものです。
[PR]
by cake_studio | 2008-07-28 23:49 | ケーキ屋さん

家森教授

先日、名古屋 池下の『よし川』で、長寿の食卓、カスピ海ヨーグルトなどで有名な、家森教授の講演会がありました。


d0123682_21563662.jpgd0123682_2157246.jpg














長寿、健康には、大豆がすべてに優れた食品で、反対に、塩の取りすぎがどんなに体に悪いか を中心に、実体験を交えて、わかりやすくお話してくださいました。
1時間の講演でしたが、ぼんやり知っていた、大豆と減塩の知識がクリヤーになりました。

1日に 納豆1パック・お豆腐1/3丁を食べて、お塩は極力控えめ (日本人の平均は12g)、だし汁・香辛料で味付けをする事。
お魚、野菜・果物を中心に食べて、運動をして、家族で明るく食事をすれば、110才まで生きられる計算だそうです。

家森教授の、とてもソフトな優しい声、真面目でまっすぐな人柄が伝わってくるような、それでいて芯の通った、良い講演会でした。

お豆腐、納豆、豆乳を食べて、減塩、お肉は茹でこぼして、110才までガンバルゾー!

その後のランチには、吉川さんが宝石をギラギラに着けてきて、見せてくれました。


d0123682_22392085.jpg
d0123682_2243073.jpg

















本当に、スゴイ!!
触らせてくれましたが、重かったですよ。

こう見えて、吉川さんは、とても健康に気を使っていて イロイロなことをきちんと実行される方で、梅干も自分で漬けられるそうです。
とてもお若くて、「くよくよしないで、ケセラセラ、前向きに生きなさい。」と、話してくださいました。
宝石 と お話に、パワーをもらいました。

出口の近くに置いてあった 家森教授の本を買って帰りました。
d0123682_2394540.jpg


執着と、努力と、根気と、集中力と、勇気とエネルギーに満ちた、前向きな、濁りの無い本でした。
あのソフトな優しい声からは想像できないです。

吉川幸枝さんと、家森教授は多分、110歳までは生きられます。
[PR]
by cake_studio | 2008-07-10 23:36

ホタテライス

料理好きのお友達に、「簡単で、美味しくて、安上がりで、見栄えがするお料理を教えて!」
と、リクエストして教えてもらったホタテライスです。
今はホタテの新物が出ていて、さて 何を作ろう?と、困ったときのホタテライスです。
d0123682_2212362.jpg


ミニホタテ      1パック   食べやすく、半分に切ります。
白ねぎ        1本     小口切り。
ショウガ       適当     すりおろします。
シメジ         1房      ばらばらにします。
オイスターソース  大さじ2
しょうゆ        大さじ1
酒           大さじ1
砂糖          大さじ1

フライパンにサラダオイルを少々入れて、以上のすべての材料を炒めて、煮詰まったら出来上がりです。
お皿にご飯をおいて、その上に七味か一味唐辛子を少しふりかけます。
ご飯のまわりをレタスとミニトマトで飾ったら、ホタテをご飯の上に乗せます。

もう一つ。ホタテ釜飯です。

洗った米      2合    (3合)
ミニホタテ      1パック
シメジ        1房
しょうゆ       大さじ2  (大さじ3)

以上をお釜に入れてから分量の水を入れて普通に炊きます。
ミニホタテ、シメジ、しょうゆは水分として水を計るのがポイントです。

きっと、ミニホタテが良いダシを出して、お料理を手伝ってくれるのでしょう。
どちらも簡単でおいしくて安上がりです。
[PR]
by cake_studio | 2008-07-04 22:54 | 料理

スナックパイン

少し前になるのですが、スナックパインという、石垣島産のパイナップルをいただきました。
パイナップルなのですが、手でちぎって一房ずつ食べられるのです。
パイナップル独特の、舌を刺すような刺激はなくて、スゴク甘いのです。

何年か前にも食べたことはあって、食べやすくてオイシイ!と、ちゃんと記憶には入れてありました。

d0123682_22113592.jpg



今回、発見したことは、このパインは芯まで食べられるのです。
持ってきてくれた方が、「私は実よりも芯の方ががおいしくて、好き。是非、食べてみて。」と教えてくれたのです。
普通のパインとは違って、芯も柔らかくて、シャキシャキした歯ごたえ。甘みもアッサリあって、病みつきになる美味しさでした。

それが先日、いつも行くスーパーマーケットの果物売り場に、『沖縄産おやつパイン』と書いて、スナックパインが置いてあったのです。
エーッ!めずらしいのがあるじゃない!
と、あのシャキシャキおいしい、芯の味がよみがえって、選んでいたのですが、先に買い物をすませて、また 最後に来てゆっくり選ぼう。
と、思っていて、つい 忘れて帰ってしまったのです。
2日後に行ったときには、もうありませんでした。
その後、毎回気にしているのですが、出会えません。
たくさんあったのに! あの時、1回だけ だったのでした。

後悔、先に立たず!
逃がした魚は大きい!

ひそかに実感する、この頃です。
[PR]
by cake_studio | 2008-07-02 22:58 | フルーツ