カテゴリ:フルーツ( 13 )

キンカンと苺

少し前ですが、キンカンを甘く煮詰めたお菓子をいただきました。

d0123682_00342996.jpg
d0123682_00342382.jpg


しっかり煮詰めてあって、果物というよりは和菓子です。
でも、キンカンの香りは残っていて、雰囲気のあるお菓子でした。
色も形も主張があって、カワイイですよね。

こういう、個性のあるお菓子は大好き!うれしくなります。



生徒さんのお友達が開発した苺だそうです。

d0123682_00404604.jpg

甘くて、大きくて、香りもあって、美味しい良い苺です。
どちらかが、少し酸味があるのですが、それも美味しい。
これから出回るかもしれませんね。


d0123682_00405628.jpg

私が買った『ゆめのか』を並べましたが、ちょっと見劣りするかな?

イチゴも、ドンドン進化しているのですね。









[PR]
by cake_studio | 2015-02-23 00:48 | フルーツ

さすがに、もう夏は終わってしまいましたが、店先には まだ桃が並んでいます。 桃は家族全員、大好きですが、良く選んだつもりでも 当たり外れがあるので 一瞬買うのを悩みます。

でも、今年は たいていがどれも美味しくて、私的には当たり年?でした。

d0123682_23202161.jpg



これはいただき物で、ご自宅の木に生った桃だそうです。  貴重な頂き物です。  すごく甘くて、桃らしい美味しさです。 香りも強くて、素人がこんなにおいしい果物を作れるとは、オドロキでした。

家にも植えたい! と、思ったのですが、聞いてみると、やはりそれなりのお手間はかかるようで ・・

虫が付いたら ストレスになるし、・・・     当たるのを祈りながら お店で買う方が正解のようです。



d0123682_2334781.jpg
d0123682_23341624.jpg




















これは、近所の 「桃花亭」 というお菓子屋さんの 桃のタルトです。  桃をまるまる1個使ったタルトで、誰に聞いても評判が良いので 買ってみました。

評判通り、桃をそのまま食べているようでオイシイ。 けっこう大きいのですが、1つ食べれてしまいました。





写真がどこかに行ってしまったのですが、実家の近くの 「アントレ」 というケーキ屋さんの 『蟠桃タルト』 というのも食べました。

めずらしい、蟠桃(ばんとう) という桃がスライスされてタルトの上に乗っています。   濃厚で、甘みも強い、インパクトのある桃でした。         桃にもイロイロあるんですね。





桃とは関係ないのですが、高級な 『かっぱえびせん』 をいただきました。   東京駅に売っていたそうです。


d0123682_23554139.jpgd0123682_2356125.jpg



















妹いわく、かっぱえびせんの贈答品版だそうで、紙の箱にちゃんと並んでいました。   
坂角のえびせんべいを少しふわっとさせた感じですが、えびせんの味も残っていて、おもしろくて、美味しかったです。

これは 珍しくて オモシロイ。   どこかで使えそうです。           けど、どこだろ?
[PR]
by cake_studio | 2014-09-30 00:12 | フルーツ

フルーツの加工

生徒さんから 夏ミカンとキンカン、ゆずのピールをいただきました。   モチロン、手作りです。


d0123682_22193743.jpg



自宅でとれる果物で作ったそうで、とっても美味しくて、ドンドン食べれてしまいます。

作り方を聞いたら、カットして、白い部分を削って、2日間煮て、低い温度のオーブンで乾かして、と、結構 手間がかかっています。 果物の様子を見ながら、作り方も変えるそうです。

「簡単ですよ。」と、言われましたが、いつもやっていないと、簡単ではないですよね。  でも、とってもオイシイ。 いつか、気合いを入れて、作ってみます。


こちらも頂き物です。 高野のコンフィチュールは初めてですが、甘くなくて、フレッシュさが残っていて オイシイ、ジャムではなくて、コンフィチュール ♡ でした。


d0123682_2233592.jpg
 




もうひとつは、「お帰りマンゴー」 です。  自然食品のドライマンゴーをいただいたので 作りました。  ヨーグルトに一晩漬けておくだけです。 これは、良く作ります。



d0123682_22381465.jpgd0123682_22382993.jpg























果物の加工は、結構 難しいです。 コンポートを作っても、煮崩れたり、色が変になってしまったり、生では美味しかったのに、煮たら美味しくなくなってしまったり。

果物の加工では、何度も失敗しています。  でも、理由がわからないことが多いです。

生モノだからでしょうか?   結局、旬の キチンと作られた 素姓の良さそうなものを使うのが一番安全のようです。  これは、万物共通ですね。
[PR]
by cake_studio | 2012-02-23 22:57 | フルーツ

スナックパインとロールケーキ

うれしいいただき物が2つ、ありました。

1つは、スナックパインです。 去年、同じ方からいただいたのも今頃だったでしょうか。
石垣島にお友達がいらっしゃって、送ってくださるそうです。

d0123682_21453875.jpgd0123682_21455218.jpg
















  熟すのを待っていて、さわって少し柔らかく、香りも強くなってきたので、切りました。

食べごろでした。 とっても甘かったです。
芯も甘く、シャキシャキしていて、本当に、実よりも芯のほうが美味しいのです。
スナックパインならでは、でした。

もう1つは、お教室のNさんが、家で作ったロールケーキをもってきてくださったのです。

d0123682_21591232.jpg


スフレタイプの生地に、ホワイトチョコクリームで、生地はしっとり、ふわふわで、スゴク美味しかったです!

スフレ生地は、高等科で、ホワイトチョコクリームは、中等科で、これから彼女に教えるのですが、こんなに上手に作れてしまう生徒さんに、私は何かを教えられるのでしょうか?

まァ、作り方は人それぞれですから、何かはプラスになるでしょう。 でも、アドバイスとかあったら、是非、教えてね。

二人とも、ご馳走様でした。

ロールケーキ、携帯で撮ったので、少しピンボケですね。 ゴメンナサイ。
[PR]
by cake_studio | 2009-06-06 22:18 | フルーツ

『ハーブ柑』と『とうもろこし茶』

友人が、変わった物を頂いたから。 と、持ってきてくれました。

d0123682_22313033.jpgd0123682_22314432.jpg
















『ハーブ柑』 もしくは 『晩柑』 というのだそうです。

グレープフルーツのような感じなのですが、全然 酸っぱくも、苦くも無いのです。
すごくジューシーで、食べやすくて、夏みかん系をイメージしていたのですが、グレープフルーツ系の香りで、美味しかったです。

子供の頃に食べた夏みかんは、すごく酸っぱくて、少しカサカサしていて、皮も、房もぶ厚くて、キライでした。
この頃は、あんなに 遠慮なく スッパイ夏みかんには出会いませんが、あの酸味に甘みを上手く足し、煮るか、漬け込むかしてから お菓子に使ったら、独特の、良いアクセントになるかもしれません。

それでも、夏みかんを思い出しただけで、酸っぱくて、頬っぺたがキュッとなります。

ハーブ柑と夏みかんの共通点がありました。
種が多いことです。
一房に、4~5個入っていて、これも結構 珍しかったです。


もう一つ、韓国の 『とうもろこし茶』も頂きました。

d0123682_2315687.jpgd0123682_2321253.jpg














コーンの香りのする、香ばしい、シンプルなお茶です。
コーンの香りは、飲んだあとに 鼻に来ます。 コーンスープのような香りです。
はじめて頂きましたが、なつかしい様な、素朴な美味しさでした。

珍しい物を、ありがとうございました。
[PR]
by cake_studio | 2009-05-02 23:13 | フルーツ

冷凍ブドウ

もう、だいぶ、涼しくなって、時期はずれの感がありますが、家の冷凍庫には暑い盛りに頂いた巨峰とマスカットがまだ、あります。

一度に頂いたぶどうは冷蔵庫の中で眠ってしまって、気がついたら悪くなっている事が良くあります。
家では、今年から、ブドウは洗ってラップに包み、保存パックに入れて冷凍しています。

これは、生徒さんに教わったのですが、聞いたときは、「エーっ、まずくなりそう!」 と、思い、実行しなかったのですが、ちょうど巨峰とマスカットを頂いたのて、やってみたのです。

これが、結構いけました。
まず、欲しいだけ、無理してあわてずに食べれます。
冷凍庫から出して、少しおくと、生の時よりも皮がわりとスッキリ、するっとむけてくれます。
そして、凍ったまま食べるのです。
シャーベットのように美味しいです。

モチロン、種は出さないといけませんし、完全に溶けてしまうと、水分が出てグッタリしてしまうのですが、悪くなってしまうより良いです。
箱もすぐに捨てれるし、場所もとらず、暑い時に1つむいてチョット食べれるのが最高です。


d0123682_155652.jpg


来年は、夏の初めに買ってでも冷凍ブドウを作ろうと思います。
[PR]
by cake_studio | 2008-08-23 15:07 | フルーツ

まるかじり桃

トウキョウへ行く前の日に、変わった桃を食べました。
和楽さんに桃を注文してあった中に、変わった桃も入れてくれたのです。

d0123682_14274663.jpgd0123682_1428238.jpg














右側が、皮ごと食べられる桃、『藤岡』です。

洗って、丸かじりは食べにくそうなので、カットして皮ごとたべました。 
実は問題なくオイシクて、やっぱり、皮がのこるな~、桃を皮ごと食べてるって感じだな~。と言う感想でした。

元々、私は皮は苦手で、リンゴもトマトも皮ごと食べると、上手に皮だけが口に残り、飲み込めないのです。
以前、ニュージーランドの人はキーウイを、Gパンで毛だけこすり落として、皮ごと食べるそうだ、と、テレビで見て、やってみたのですが、ゼンゼン食べれたものではありませんでした。
でも、微かに甘みと味は強く残ったような気がしました。

そんな私なので、皮を飲み込めただけでも合格(?)です。

だいたい、桃の皮は、元々そんなに問題無さそうな薄さです。
キーウイのように、目からウロコで、普通に食べれるのかも?
皮をむく手間もはぶけ、果汁も無駄になりません。

と、普通の桃を良く洗ってトライしました。
結果は、NGです。
想像以上の存在感です。渋さもあるのですが、良く洗ったのに毛がノドに残ります。

ヤッパリ、『藤岡』にはそれだけの改良点がありました。 納得。
[PR]
by cake_studio | 2008-08-20 15:13 | フルーツ

黄色いスイカ、白いナス

めずらしい物を2つ、頂きました。違う人から、それぞれにもらったのです。

最初は黄色いスイカです。
黄色といっても、実が黄色いのではなくて、皮が黄色いのです。

d0123682_180960.jpgd0123682_1803616.jpg















「スイカがあるけど、いらない?」
と、いわれて、スイカ好きの私は、いそいそと、友人宅へもらいにいったのです。

30cm直径くらいある、り~っぱな緑色のスイカを頂いて、ウキウキ車に積んでいたら、
「変わったのがあるのだけど、半分持っていかない?だけど、もらい物で、何だかわからないのよ。」
と言って、出てきたのが、黄色い物体でした。

形も大きさも、ラクビーボール位の黄色い物体。
たたいたりして、考えた結果、カボチャだろう。ということになって、何であろうと、半分貰い受ける前提で、友人がカットしに台所にいきました。
「スイカだわ!」

と、約束どおりもらってきたのがコレでした。

コレがおいしかったです。
ヤッパリ、普通のスイカではなくて、味はスイカなのですが、キメが細かく、詰まっていて、メロン瓜とスイカの中間のような食感です。
スイカは、大雑把にジャブジャブ食べる感じですが、コレは、もう少し、落ち着いて、お上品にたべれました。



もう一つが、白いナスです。

d0123682_18315336.jpg


輪切りにして、ショウガ醤油でたべました。

頂いた方から、その日にメールで、「白ナスはマズかったので捨ててください。」
と、言われていたので、どんなにマズイのか?と、楽しみに食べたのですが、ゼンゼンまずくなかったです。

実が詰まっていて、かためなのですが、火が通れば、トロッとしてきます。
密度が高い感じで、味はナスです。
難点は、皮が固かった。皮は、食べれないところがありました。
十分、夕飯の付け合せになりました。

この、変わった2つの頂き物からだけの、共通点、独断と偏見の結果。
『皮の色がうすいと、実は細やかに詰まる?』???
[PR]
by cake_studio | 2008-08-06 18:51 | フルーツ

石垣島のマンゴー

石垣島のマンゴーを分けてもらいました。

d0123682_21473236.jpg


こんなに美しくて、B級品なのだそうです。
その方 曰く、黒い点や、白いスジ、熟しているのに緑の部分が残っている、のがB級品になってしまうのだそうです。
本当に小さなことです。 家で食べるには全く問題ないです。

国産のマンゴーを3つも自分の家で食べるのは はじめて!

右上のは皮が光ってなくてまだですが、あとの2つは皮も十分に光っていて、やわらかく、香りもあって、たべごろです。

早速、冷やしていただきました。


d0123682_21493341.jpg
中央が少し熟しすぎていてカットしましたが、それは、熟し度がMAXな証拠です。
もう、最高でした。
すごく甘いのですが自然で、とろけるような食感、上品で強い香り。
申し分ありませんでした。

宮崎産も食べたことはありますが、それ以上!
今までで一番です。
マンゴー嫌いの夫まで「これは、ウマイな」と、言って食べていました。

これを食べた後に、アイスクリームとチョコレートを少し食べたのですが、
あと味に残ったのは、不思議にマンゴーでした。



d0123682_2150069.jpg

それから2~3日して、右上の未熟だったマンゴーがだいぶ光ってきました。

香りも強くなって、この暑さの中、熟しすぎが以外に進んでいるかも知れない。
と、早いかな?とも思いながら、今日、カットしました。

モチロン美味しいのですが、少し早かったです。
前のインパクトが強すぎて、甘さ、食感、香りとももう1日でした。

ふつうに食べる外国産とは比較にならない程オイシイですが、
あせってしまいました。


果物は熟し度が命です。
写真で、その差が伝わるでしょうか?
[PR]
by cake_studio | 2008-08-03 22:42 | フルーツ

庭の果物

少し前まで、フランボワーズ(ラズベリー)がたくさん実っていたのですが、今は、ブルーベリーとブラックベリーが盛りです。

d0123682_0242882.jpg
d0123682_0245657.jpg
たいして日当たりも良くない所に生えていて、なんの世話もしていないのに、毎年、わりにしっかりした実をつけてくれます。


どんな果物もそうですが、熟し具合で甘さがだいぶ違います。

私が実感で、勝手に決めているのですが、実をもっただけでスッと取れるのが完熟。引っ張らないと取れないのはイマイチです。


モチロン、防腐剤も調整剤もかけてないので、冷蔵庫に入れておいても1~2日すると、カビが生えていることがあります。


カビを見ると、ゲー!! コワイ! と、思います。
本当は防腐剤がかかった安定した果物の方が怖いのに、カビに馴染みがないせいか、目に見えるカビの方が悪者に見えてしまうのです。
反対ですよね。

なので、良く洗って、その日に食べなければ、お砂糖にまぶして冷凍しておいて、後でまとめて加工します。
やっぱり、我が家でできた果物は、何の世話をしていなくても、カワイイので大事に食べます。



これは、昨日、和楽さんで買った、立派な桃です。

d0123682_0585383.jpg



芯まで甘くて、スゴク美味しかった。 2つ買って、2つとも当たりでした。
無添加で、たしか、1つ370円位でした。
お値打ちです。
まだ、あるかも?
[PR]
by cake_studio | 2008-08-01 01:05 | フルーツ