カテゴリ:ドイツ・イギリス( 11 )

ロンドン Ⅲ

いよいよ最終日、今日の夕方の飛行機で帰ります。   ロンドンの朝食は、毎朝こんな感じでした。 右下の、黒いものは 血のソーセージです。


d0123682_182135.jpg



ホテルに荷物を預けて、『ゥオルス・コレクション』 という、美術館に向います。


d0123682_1161621.jpgd0123682_117677.jpg





















貴族の邸宅が、そのまま 美術館になったそうです。  すべて個人の所有だったそうですが、ぼう大な数の、いろんなジャンルの、貴重なコレクションが ところ狭しと並んでいます。


d0123682_1215094.jpgd0123682_122734.jpg






















d0123682_1225382.jpgd0123682_1231431.jpg





















d0123682_124519.jpg



じつは、ここに来たのは、「アフタヌーンティー」 をするのが目的です。  2時からしか出来ないと言われて、美術館は時間つぶしでした。

でも、美術館には 思った以上の物ばかりで、規模と迫力に圧倒されました。


d0123682_1302835.jpgd0123682_1304396.jpg

























d0123682_1313950.jpgd0123682_1315140.jpg





















とっても、おしゃれな 時間と空間でした。    スコーンに付いていたクロテットクリームは、ものすごく濃厚で、初めは良いのですが、とても 全部は食べられません。

食べたことがない、濃厚な美味しさ!!  残すのがもったいなくて、持って帰りたかったです。   サンドイッチ以外は、ケーキも濃厚でした。  何日かに分けて、少しずつ食べたかった。


d0123682_1415977.jpg




隣の席の人が食べていた 食事も美味しそうでした。  『ゥオルス・コレクション』 優雅で 綺麗で オススメです。 

でも、日本人らしく、短時間で食べて、急いでタクシーを呼んでもらって、あわてて帰りました。  

もう!!!  1カ月くらい 居たいです。    
[PR]
by cake_studio | 2010-09-30 01:33 | ドイツ・イギリス

ロンドン  Ⅱ

ロンドン市内では、回転寿司屋さんをよく見かけます。


d0123682_032661.jpgd0123682_0321666.jpg























一皿300円位でしょうか?    回転すしではないのですが、お寿司を買いました。



d0123682_0345878.jpgd0123682_03514100.jpg


















一緒に買った、やきそばが、とっても美味しかったです。  イギリスではカレーを食べたいと思っていたのですが、カレー屋さんはあまり目にとまりませんでした。



バスの中から 『メゾン・ド・ショコラ』 を見つけました。  お隣は、『源吉兆庵』 です。  イギリス人にとっては、両方とも外国のお店ですが、なんか、不思議な気がします。


d0123682_043239.jpgd0123682_043359.jpg



















日本では食べられない、『メゾン・ド・ショコラ』 のエクレアです!   食べたい!



d0123682_0541037.jpgd0123682_0542690.jpg



















d0123682_0565124.jpgd0123682_057582.jpg






















d0123682_0582685.jpgd0123682_0583996.jpg





















お菓子も、ドイツより、ずいぶんデコレートされていて、カラフルです。


大英博物館へ行きました。


d0123682_125410.jpgd0123682_111248.jpg























d0123682_133885.jpgd0123682_134766.jpg



















d0123682_141023.jpg




「ロゼッタストーン」 です。 ずいぶん以前に見た時は、ガラスのカバーがなくて、普通に置いてあるのにビックリしましたが、今回は しっかり守られています。

博物館のカフェのサンドイッチを食べて、また、市内観光バスに乗ります。


d0123682_11808.jpgd0123682_1181873.jpg


























d0123682_1184558.jpgd0123682_1185760.jpg























急に思いついて、『オペラ座の怪人』 を見ることにしました。 三越のお弁当とセットになっています。



d0123682_123204.jpgd0123682_1233316.jpg





















d0123682_1235897.jpgd0123682_124835.jpg




















小さい劇場ですが、雰囲気の良い、素敵な建物です。   ミュージカルは完ぺきで最高! 観客も一体化して楽しんでいます。 これがプロの仕事だと思いました。   見てよかったです。
[PR]
by cake_studio | 2010-09-28 01:13 | ドイツ・イギリス

ロンドン Ⅰ

ホテルの近くの「マーブルアーチ」から、乗り降り自由の市内観光バスに乗りました。


d0123682_2311096.jpgd0123682_2312093.jpg






















d0123682_2314674.jpgd0123682_2321063.jpg






















d0123682_23309.jpgd0123682_2311278.jpg






















d0123682_2354110.jpgd0123682_2355059.jpg






















d0123682_2364349.jpgd0123682_237763.jpg

























d0123682_23404964.jpgd0123682_2341268.jpg






















まだまだ、まわります!


d0123682_23133140.jpgd0123682_2314541.jpg




















d0123682_2316549.jpgd0123682_23161693.jpg



















d0123682_23283654.jpg




ハイドパークをお散歩しました。 桁違いに広い、イングリシュガーデン、綺麗な公園です。


d0123682_23203763.jpgd0123682_2321469.jpg






















d0123682_23224321.jpgd0123682_23225584.jpg




















d0123682_23271166.jpgd0123682_23253786.jpg
























ハイドパークは、ダイアナ王妃ゆかりの場所だそうです。



たくさんの写真を見ていただいて、ありがとうございます。  まわった順番がみだれていますけど、ご容赦ください。



d0123682_23354094.jpg

[PR]
by cake_studio | 2010-09-24 23:45 | ドイツ・イギリス

『SHANGHAI 31S』

オックスフォードにある、『SHANGHAI 31S』という、中華料理屋さんに入りました。


d0123682_18155321.jpg
d0123682_0174629.jpg




















疲れて、お腹がすいていて、ミシュランの文字に誘われました。


d0123682_18185785.jpgd0123682_1819138.jpg




















d0123682_18195359.jpgd0123682_1820525.jpg




















d0123682_18211817.jpgd0123682_18212643.jpg

























ここにして、正解でした。 美味しいし、お店の人も感じがよいし、店内の雰囲気も良かったです。



d0123682_18275797.jpgd0123682_1828835.jpg





















レモンも、キュウリも、飾り切りされています。  こういうところ、うれしいです。 『アリスの店』 の隣で、ウサギカット というのも、カワイイです!


d0123682_1832588.jpgd0123682_18322012.jpg




















d0123682_18332393.jpg




帰りの電車の時間もあるので、美しいオックスフォードとお別れです。

駅に早めに着いて、のんきに 売店のお花を撮っていたのですが、だんだん混んできました。  駅員さんが大声で、電車は、少なくても2時間遅れる と言っています。

エ~!!  と あわてて、スッタモンダして、結局 うまいことバスに飛び乗れました。  オックスフォードは好きで、また来たいですが、ああいう歴史のあるところは、暗くなると怖そうだし、早くロンドンに帰れて 良かったです。


d0123682_18593556.jpg

[PR]
by cake_studio | 2010-09-19 19:00 | ドイツ・イギリス

オックスフォード

ロンドンの パテントン駅からオックスフォードに小旅行です。  


d0123682_1212157.jpgd0123682_1322524.jpg




















パデントン駅は、歴史を感じさせる、立派な駅です。 切符は指定席で、ネットで予約していたので、スムーズにゲット出来ました。  オックスフォード駅までは 1時間位です。


d0123682_1334437.jpg



オックスフォード駅に到着。 以外?に、定刻に出発、到着でした。

乗り降り自由の、観光バスに乗ることにしました。  どこも素晴らしくて、本当に来てよかったです。   お昼過ぎまで 乗ったり降りたりしていました。


d0123682_1413935.jpgd0123682_1424464.jpg




















d0123682_1434070.jpgd0123682_144647.jpg

























d0123682_1451578.jpgd0123682_145255.jpg



















d0123682_151503.jpgd0123682_1521720.jpg



















d0123682_1562712.jpg



こんなに素敵なところで学生生活を送れたら、どんなに素晴らしいでしょう!  もっと、もっと、もっと・・・勉強しておけば良かった。


『アリスの店』で、お土産を買います。 『不思議の国のアリス』の作者は、オックスフォードの数学の先生だそうです。


d0123682_262871.jpgd0123682_27186.jpg
























さすがに疲れて、お腹がすいて、『アリスの店』の隣の中華料理屋さんに入りました。 メニューのところに貼ってあるシールの ミシュランという文字が目に入ったのが決め手です。


d0123682_2102177.jpg

[PR]
by cake_studio | 2010-09-19 02:11 | ドイツ・イギリス

ロンドン

ロンドンに到着したのは 午後2時過ぎです。


d0123682_19553612.jpgd0123682_19554850.jpg



















ホテル近くで、すごい渋滞にはまってしまって、街中に出たのが 6時頃でした。


d0123682_19582759.jpgd0123682_19583783.jpg




















「マーブルアーチ」というところにあるホテルです。  見る見るうちに、お店が閉まっていきます。 閉店時間が早いです。


どうしても、お土産を買いたかった、『HR ヒギンズ』という、紅茶屋さんです。


d0123682_202501.jpgd0123682_203723.jpg




















d0123682_2034125.jpgd0123682_203524.jpg


















写真ではわかりずらいですが、とってもイケメンの、感じのよ~い、ちょうど良い若さの店員さんでした。

『ヒギンズ』さんは、紅茶だけではなくて、コーヒーで有名だそうで、この時は、お土産をぬかりなく買うのに精いっぱいでしたので、全く考えなかったのですが、コーヒーも買えばよかったです。



d0123682_20104989.jpg



つい、たくさん買ったので、紅茶の買い忘れはありませんでした。 教室でも、今年いっぱいは使えそうです。

何のかのと言っても やっぱり、接客には 美系が有利ですね。
[PR]
by cake_studio | 2010-09-16 20:17 | ドイツ・イギリス

ミュンヘンのスーパーマーケット

スーパーマーケットが大好きで、特に外国では 面白いものばかり、2,3時間は すぐに過ぎてしまいます。

夕方、ミュンヘンに着いて、ホテルの近くのスーパーに 閉店までいました。


d0123682_14249.jpgd0123682_141051.jpg






















けっこう、大きなお店です。   ここでも、やっぱり いろいろな白アスパラが売っていました。


d0123682_155827.jpgd0123682_161029.jpg




















d0123682_18485.jpg



d0123682_114294.jpgd0123682_185118.jpg

















紅茶です。 ものすごい種類ですが、お安いです。  ほとんどがティーバッグでした。


d0123682_1112977.jpgd0123682_1114444.jpg



















こちらはビールです。 さすがにスゴイです。  

そして、ミュンヘン名物 白ウインナーです。 ウインナーの種類もたくさんあって わからないので、近くにいた人に どれがミュンヘン名物の白ウインナーか聞いたら、親切に教えてくださって、白ウインナーには 絶対にこのメーカーの 甘いマスタードが必要だと力説されて、買いました。

夕飯はお部屋食にしました。  
白ウインナーは、とっても美味しくて、感激でした。  けど、私は、普通のマスタードのほうが慣れていて 良かったです。



d0123682_1175860.jpg



d0123682_133612.jpgd0123682_1332075.jpg



















d0123682_1343595.jpg






これは、次の日の朝食です。  やっぱり、白ウインナーが美味しかったですが、後から写真で見て、こんなにたくさん食べていたのに ビックリしました。


d0123682_138194.jpgd0123682_1383825.jpg



















パンは ほとんど美味しいです。 こんなにおいしいプレッツエルは、初めて食べました。


d0123682_1392513.jpg





ドイツは、美味しかったです。  駆け足で急いでまわって、効率は良かったですが、自由時間が少なくて残念でした。  次回は、是非とも フリーで来たいです。


d0123682_1463418.jpgd0123682_1464531.jpg



















JAL のバスで 2日間で 700km以上 移動していました。
[PR]
by cake_studio | 2010-09-12 01:51 | ドイツ・イギリス

ノイシュバンシュタイン城とヴィース教会

ちょっと変人の、ルードリッヒ2世の夢の城、ノイシュバンシュタイン城です。


d0123682_030126.jpgd0123682_0323742.jpg
























このお城は、交通の便が悪くて、ふもとの町からシャトルバスで急な山道をグイグイ登り、そこからながなが歩くのです。

シャトルバスの終点が 撮影ポイントなのですが、そこは、断崖絶壁にある細い橋の上で、しかも 橋の上には 人がすずなりに乗っているのです。  


d0123682_0453596.jpgd0123682_0493058.jpg




















橋に乗るのでさえ、かなり勇気が必要です。  お城より、まず 川底を写しました。 写真では遠近感がつたわりませんが、 かなり 深いです。



d0123682_0571246.jpg





ふもとに降りて、お昼です。


d0123682_11519.jpg
d0123682_111737.jpg



左はポテトです。右は豚肉。  たいてい、この組み合わせです。  


d0123682_132085.jpgd0123682_133527.jpg



















サラダと、デザートの盛り付けと量がアバウトで、大陸っぽいです。


d0123682_1111286.jpgd0123682_1112774.jpg




















このパンが、すごくおいしかった。 右は、朝食のパンですが、この2つが 今までの中で ベストです。


d0123682_114499.jpg



ここにもありました、シュバルツベルダーキルシュトルテ。


d0123682_1161858.jpgd0123682_1163751.jpg



















右は、「ガレリア」という、大きなお土産物屋さんですが、店員さんがほとんど日本人で、ヘンケルから、革製品から、フェイラーから、日本人が好きそうな品物が すべて置いてありました。 
買いそこなった「クロイツカム」のバームクーヘンまでありました。 本場のバームクーヘン、生徒さんに1切れずつ分 買いました。


ヴィース教会です。


d0123682_126933.jpg




d0123682_1264546.jpgd0123682_1265935.jpg





















こちらは、平地にある まるで 牧場の中にあるような、のどかな教会です。  キリスト教にくわしくないのですが、たいへん由緒のある教会だそうです。


d0123682_129077.jpg



キリスト教徒にとっては 大事な場所なので、言動に気をつけるように、写真は撮らないように。   
と、ガイドさんに言われていたのですが、外見に比べて 中が素晴らしく、外人さんはバシバシ撮っているので、  つい一枚。  すみません。
[PR]
by cake_studio | 2010-09-11 01:38 | ドイツ・イギリス

ローデンブルグ

ローデンブルグは、おとぎの国に迷い込んだような、カワイイ町です。  時間が止まります。


d0123682_19381146.jpgd0123682_19384660.jpg























d0123682_19393850.jpgd0123682_19423353.jpg



















ここは、クリスマスグッズで有名です。 が、季節柄、購買欲は、あまり盛り上がりませんでした。


d0123682_19473488.jpgd0123682_19455346.jpg
























ローデンブルグ銘菓、「スノーボール」です。 揚げた生地に粉砂糖をまぶし、丸く形作ったものです。  素朴で、以外に美味しかったです。


d0123682_2340747.jpgd0123682_23402127.jpg






















d0123682_19555468.jpgd0123682_1956738.jpg























d0123682_19575186.jpgd0123682_1958428.jpg

























石畳の道を、良く歩きました。  夕飯は、他に行かず、宿泊するホテルで食べてしまいます。  ドイツ料理です。 コースにしないで、アラカルトで食べたいものだけ、注文しました。

ちょうど、白アスパラガスの季節、「今しか食べられない。」と、すすめられるので、ついつい、白アスパラずくしです。



d0123682_2021275.jpgd0123682_2023252.jpg




















d0123682_20142325.jpgd0123682_20143651.jpg























d0123682_20173225.jpgd0123682_2017497.jpg




















左のお肉は、「シュバインスハクセ」という、豚肩の煮込みです。 本当は、愛知万博のドイツ館で食べた、「アイスバイン」が美味しかったので、楽しみにしていたのですが、無かったのです。
似ていると言うので頼んだのですが、全然 ちがいました。

「アイスバイン」は、北ドイツの郷土料理だそうです。


d0123682_20284436.jpg




「アイスバイン」を食べられなかったので、焼け酒?です。
[PR]
by cake_studio | 2010-09-09 20:30 | ドイツ・イギリス

ライン川クルーズとローテンブルグ

楽しみにしていたライン川クルーズです。


d0123682_1821629.jpg



d0123682_1841730.jpgd0123682_1843355.jpg


















船の中で飲食ができます。  この辺は白ワインの産地だそうで、白ワインもアイスクリームも、シュバルツべルダーキルシュトルテも、はずれなく美味しかったです。


d0123682_1853844.jpgd0123682_18183197.jpg



















最大ポイントの「ローレライ」です。 ローレライの曲がさんざん流れます。 が、他の岩とあまり見分けのつかない岩でした。 
岩の絶壁が急で、水深も深く、流れにもうねりがあり、難所だそうです。


リューデスハイムという町に戻り、ランチです。


d0123682_0293627.jpgd0123682_0295549.jpg



















「つぐみ横町」という名前のかわいい通りにあるレストラン。   やっぱり、白ワインが美味しいです。


d0123682_0323790.jpgd0123682_0332587.jpg



















d0123682_0335692.jpgd0123682_0341256.jpg



















d0123682_0344098.jpg




ケーキは、あまりデコレートには凝っていない、大きなサイズの 焼きっぱなしのようなものが多かったです。
シュバルツベルダーキルシュトルテはどこにでもあります。  カチッとした、背の低い大型のケーキは、いかにもドイツっぽいです。



d0123682_044048.jpg

[PR]
by cake_studio | 2010-09-08 18:15 | ドイツ・イギリス