ピエール・エルメのマカロン

ピエール・エルメさんのマカロンです。

d0123682_16482729.jpgd0123682_16484115.jpg














左は、パッションフルーツ。 クリームの中に入っているのは、パート・ドゥ・フリュイ。(果汁を煮詰めて固めたものです)
聞くのを忘れたのですが、多分、この夏の限定品です。

ピエール・エルメさんのマカロンは、桁違いに、美味しいです。

生地も、クリームも、ボリュームがシッカリしているのに、くどくない。 味も香りも主張がすごいのに、サッパリしている。 趣向が充実しているのに、後味に切れがある。
あたりまえのマカロンですが、完成されていて、食べた後に満足感と幸福感を感じます。

エルメさんは、天才ですね。

左は、手前が、ピスタチオ。そして、バ二ラとローズです。
ピスタチオには、ちゃんとピスタチオの実が入っていて、バニラのクリームはホワイトチョコとの二層になっています。
どれも、バランスが良くて、本当に、買って後悔のないマカロンです。

これは、石垣島に行った方からのお土産、パッションフルーツです。

d0123682_17181937.jpg


中央の種を食べるのですが、独特の香りと、酸味とが強烈で、これだけを、そうたくさん食べたいフルーツではないです。
お菓子にしたり、チーズと合わせたり、デコレートにしたりすると、がぜん、美味しくなります。

以前に食べたパッションフルーツは、甘みが無くて酸味だけだったので、半分も食べ切れませんでしたが、これには甘みもあったので、半分完食できました。 それなりに美味しかったです。

エルメさんのパッションフルーツマカロンも、これが原料なのですものね。
何でも、使いよう、作り方で、ずいぶん変わりますね。
[PR]
by cake_studio | 2009-08-30 17:34 | ケーキ屋さん
<< イチジクのタルト ヴィタメールのスイカマカロン >>